加西市東笠原町 国道372号、県道716号沿い ロードサイド カフェレストラン 居抜き店舗|新着・特集全物件|物件紹介|兵庫・神戸・三宮の物件 [ 居抜き物件 / 貸店舗 / 事務所 / 倉庫 / 工場/ 土地] のご紹介と各種サポートのサンエージェント。

加西市東笠原町 国道372号、県道716号沿い ロードサイド カフェレストラン 居抜き店舗

※写真をクリックすると大きくなります。

お気軽にお問い合わせ下さい。TEL 078-327-3277

お問い合わせはこちら
所在地兵庫県加西市東笠原町
交通北条鉄道北条線「法華口」駅より徒歩4分
国道372号、県道716号沿い
広さ29.14坪
賃料100,000円
共益費/管理費
募集フロア/現況1F/カフェレストラン
敷金600,000円
敷引300,000円
駐車場22台
築年/構造/規模昭和60年6月/鉄骨造平家建
備考カフェレストランの居抜き店舗
幹線道路沿いの角地物件
交通量の多い田園地帯にあります

国道372号
京都府亀岡市から兵庫県姫路市に至る一般国道。
陸上距離は104.1km。
東の京都から西の姫路まで、国道9号を併用することで阪神間の大都市圏を通過せずに東海道と山陽道の往来が可能です。
俗称として「さんななに」と呼称されることがあり、篠山を視点に京都へ至る街道の歴史的な名称として「西京街道」、亀岡を視点にすると「篠山街道」と称されています。
また、篠山市内では、シーニックバイウェイに指定されているたんば三街道のひとつとして「デカンショ街道」の愛称があります。なお、このデカンショとは、篠山市を中心に唄われるデカンショ節という民謡を指しています。
阪神・淡路大震災の際に東西の動脈として代替路線として活用されたことから、災害時の代替路線として、また緊急輸送道路として道路整備の必要性が見直され、震災の翌年にあたる1996年から相次いでバイパス道路建設や道路拡幅工事の事業が開始されたことで各所に点在していた幅員狭小箇所や線形不良箇所が解消されてきています。
交通量の傾向として、一部では大型車が約2割に達する区間もあり、この理由として震災以降に定着したという見方とともに、高速道路の利用を避ける車両の流入もあるという見方もあります。

県道716号(玉野倉谷線)
加西市南部をほぼ南北に縦断する一般県道。
総延長は約8.7 km で、のどかな田園風景を楽しめる快走路。

  • 一覧へ戻る

特集物件

  • 新着・全物件
  • 飲食店居抜き
  • 物販
  • エステ・理美室
  • 三宮・元町特集
  • スナック・バー
  • 医院・医療機関
  • 事務所・倉庫・工場
  • 商業施設
  • ロードサイド
  • 土地
  • 兵庫県外特集